FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれこれ騒動

お久しぶりです

放置しっぱなしでごめんなさいです

なんかもうゴーストライターとSTAP細胞騒動が面白すぎて、ぜんぜん創作活動してないです

小説より奇なりどころの騒ぎではないですね

どちらの騒動もツッコミどころ満載で、Twitterでめちゃくちゃ呟きまくってます

(『神無月大和』で検索すればヒットしますので、よろしければ遊びにきてやって下さいませ)

さてさて、まずは佐村河内氏のほうですが・・・

なんとも見苦しい会見でしたね

いやいや、佐村河内氏の言い訳もさることながら、報道陣の無知っぷりも絶妙でしたねぇ

私ね・・・

実はこう見えて、以前、手話通訳者の資格を取ったことがあるんですよ

まぁ取りたくて取ったわけではないのですが(こら)

卒業の必須条件だったんで、必死に勉強して取得したんです

今はもう現場を離れて久しいので、通訳のスキルなんて宇宙の果てにスッ飛んでいってしまいましたが

当時はかなりのスピードで、やってたわけです

手話って、手だけで表現しているように思っていらっしゃるかもしれませんが、実はそれと同等に大切なのが、口の動きなんです

手と一緒に、口も大きく動かさないといけない

(機会がありましたら、テレビなどに出演している手話通訳者をよく見ていてください。かならず口も大きく動かしていますので)

とくに後天性の場合、手の動きだけで意味を理解するのは難しいんです

なぜなら手話は、一つの動きに対して、意味がいくつか含まれてるものがあるから。

手話と一緒に口の動きを見て、相手が何を言っているかを判断する必要があるわけです

つまり、口の動きなしで手話を理解しようとするのは、なかなか困難

意味の取り違えとか普通にやっちゃう

ただ逆に言えば、後天性の場合、障がいが出るまでは普通に口語を使用していたので、口の動きだけで、なんとなく言葉の全文を理解できてしまうことも、まぁ、ありうるんです

せっかちな人って、こちらの発言が終わる前に喋り出しちゃいますよね?

要するにあれです

後天性で、しかも難聴程度であれば、通訳の途中から喋り出すことも、なんら不自然ではないのです

つまり、どこかの記者が言った「通訳がまだ済んでません」という発言は、あまりにも的外れというか、知識の狭さを自ら露呈してしまったわけです

そりゃあ佐村河内氏も「はあ!?」と言いたくなりますってwww

もちろん、だからと言って、全面的に佐村河内氏を擁護するつもりはありませんが、非難するなら非難するで、基本的な知識ぐらいは身に付けて欲しいなと思ったわけです

あと、新垣氏がまるで善良な一般市民であるかのような風潮は、あまり感心できません

同罪であることをお忘れなきよう・・・



そして、かなりぶっ飛んだコメントが報道の餌食となったSTAP小保方さん

『(博士論文の)下書きが製本され残ってしまった』というコメントについて、Twitterはお祭り騒ぎになっております

私はそっち方面はド素人なので、下書きが製本されることが果たしてありえることなのかについては判断できないのですが、小保方さんの迷走っぷりが、非常に興味深いのです

ネット上では「ありえない」という声が圧倒的なのですが、中には「そういうこともあるかも」と言った意見も・・・

期限似内に論文が書けなかった場合、とりあえず下書きのものを出して、あとでこっそり完全版と差し替えたりすることもあるんだとか・・・

「へぇ、そうなんだ~」と頷きながら見ていたのですが、まぁ、それにしても製本まで行くのはありえないかなぁ、とか言い出して、思わず「どっちやねん!」と叫んでしまったりwww

論文はね、学生時代に書いたことがあります

全然レベルは違いますけどね

看護学での論文だったのですが、なぜかテーマが『母子福祉論』に関することで・・・って意味不明(笑)

確かに引用箇所については、ちゃんと最後に記載するように指導を受けました

それから「参考書を丸写しした学生は減点!」とかねwww

昔から文章を書くのは好きだったので、難なくクリアしましたが(褒めて褒めて!←)苦手な子はかなり苦労してましたねぇ

さすがに、『丸写し』はいないようでしたが。。。


参考のためにコピペしたと小保方さんは言っているようですが、それで丸々論文を書いちゃってるのだから、これもいまいちよく分からない

分からないのですが、実は私、基本的には小保方さん擁護派でして・・・

だってSTAP細胞、素晴らしいじゃないですか!

どれだけ人格が破綻してようと、どれだけ妄想癖があろうと、どれだけ未熟であろうと、なにかしらの研究結果を出した功績は変わらない

それが人類の未来に光を与えてくれるものであるなら、このまま研究を続けるべきです




・・・研究結果が妄想でないならば・・・(爆)




「もしかしたら既存の細胞だったかもしれない」という説もあり、なぜか私まで戦々恐々

つーか、万が一、小保方さんが捏造を認めちゃったら私どうしよう




・・・批判されてる人ほど可愛く思ってしまう性癖、直さにゃいかんな・・・(撃沈)





では、今日はこの辺で

おやすみなさい



【余談】
最近になって、スマホ版『かまいたちの夜』があることに気付き、欲しくて仕方がない大和さん
どうしよう・・・買おうかな・・・
でも『1』なんだよな・・・せめて『かまいたちの夜2』だったらな・・・
しかも、800円って微妙な値段
悶々と悩み中・・・(幸せな人w)




スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

神無月 大和

Author:神無月 大和
         

カウンター
ブロとも申請フォーム
18歳未満の方はお断りいたします。ブロとも一覧は公開しておりません。お気軽に申請してくださいませ。

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ&作品名(『』表記)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。