スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記『凶鳥の如き忌むもの』~著・三津田信三

おはようございます。
最近、浮かれた記事が多かったので(笑)、今日は本来の感じで。


ご紹介するのは、大好きな作家・三津田信三さんの刀城言耶シリーズ第1弾、『凶鳥の如き忌むもの』です。
こちら↓

凶鳥の如き忌むもの (講談社ノベルス)凶鳥の如き忌むもの (講談社ノベルス)
(2006/09/06)
三津田 信三

商品詳細を見る




この本のレビュー、意外にもまだ書いてなかったんですね、私。

テーマは『鳥女(とりめ)』

漁師が恐れる海の妖怪・鳥女と、いわくつきの巫女一族を中心とする連続殺人事件に、取材に訪れた怪奇小説家・刀城言耶が挑む、といったストーリーです。

この時はまだ偲(しの)さんや、阿武隈川先輩は出て来ないですね。

あ、阿武隈川先輩、名前だけ出てきます。

先輩のツテを使って、言耶は、巫女が主催する秘祭に参加出来ることになったわけです。

そこで起こる殺人事件と、過去に起こった巫女消失事件。

この二つの事件の真実が明らかになるにつれ、浮き彫りになる異常なまでの信念が、悲しいものに思えます。

次から次へとさまざまなことが起きるので、一時たりとも目が離せません。ほぼ一気読み(笑)

また、例によって、なかなか凄惨な描写が続くので、グロいのが苦手な方には、あまりお勧めしません。

が、とても内容の濃い、読み応え抜群な作品です。

ラストは背筋が凍ります。

早く最新作が読みたいなぁ。。。



さて、先日、本を買ってきました。
こちら↓

20141212084303341.jpg


★『絶対城先輩の妖怪学講座 五』~著・峰守ひろかず
★『清らかな煉獄~霊媒探偵アーネスト』~著・風森章羽


表紙の萌えっぷりに騙されちゃいけない。

中身は本格ホラーミステリーです。

まだ読んでいませんが(読みかけの本があるので)、読んだら、ここでご紹介したいと思います。



それではまた~。






スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

お知らせ

神無月 大和

Author:神無月 大和
         

カウンター
ブロとも申請フォーム
18歳未満の方はお断りいたします。ブロとも一覧は公開しておりません。お気軽に申請してくださいませ。

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ&作品名(『』表記)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。